低体温を改善しなければならない理由



低体温の人は痩せにくい

 

 

それでは、人間の体温が、1度、下がってしまったらどうでしょうか?体にはどんな不具合が出てくるのでしょうか?なんと、体温が1度下がっただけで、人の免疫力は37パーセントも低下すると言われているのです。

 

 

このような低体温の人は、すぐに風邪を引いたり、一度、病気になったりすると、これがなかなか治らない体質になってしまいます。この体質は、改善しなければなりません。大きな病気にも繋がってしまいますから改善するべきなのです。

 

 

そして、体温が1度下がっただけで、人間の基礎代謝はかなり下がります。正確には体温が1度下がると、基礎代謝率は12パーセント、低下すると言われています。12パーセントと言っても、数字だけですと、ピンと来ない人も多いでしょうね。

 

 

ダイエットなどでカロリーを気にしている人はわかるでしょうが、この代謝率の悪さをカロリーで表してみましょう。12パーセントの代謝率低下とは、簡単に言ってみれば、1日あたり、なんと200キロカロリーから500キロカロリーも代謝が下がると言うことになります。しかし、500キロカロリーと聞くと、驚きますよね?

 

 

私は、結構、お店でもカロリー表示を見てから注文することが多いので、500キロカロリーと言われれば、ピンと来ます。ですが、わからない人も多いでしょうね。

 

ファミレスで言うと、パスタのメニューを一皿分ぐらいが500キロカロリーでしょう。極端な話をすれば、あなたが毎日、パスタを食べて、それが代謝されずにすべて体に脂肪が付いてしまうということになります。これで、低体温の人が痩せにくいこともわかりますよね。